■お茶(抹茶・煎茶・ほうじ茶・玄米茶・番茶・麦茶)、ラフカディオコーヒー、茶そば等、老舗の味と香りを全国にお届けいたします。

TOP 中村茶舗について お茶について ラウンジ中村 お買い物

お茶について  - お茶の豆知識 -

お茶のおいしい入れ方

せっかく良質のお茶があっても、そのお茶の入れ方によって味も香りも左右されます。ここでポイントになるのは、お湯の温度です。一般に高級茶ほどぬるま湯で、少ない湯量でゆっくり入れ、下級茶ほど高温で多量の湯を使って短時間に入れます。なぜかというと、高級茶のうまみはアミノ酸によるもので、高温で入れるとタンニン(にが味)がですぎ、うまみが感じられないからです。

1. お茶に使うお湯は、どのお茶の場合も必ず一度沸騰したお湯を使います。

2. お湯を人数分の茶碗に注ぎ、少しさまします。(玉露50℃・煎茶80℃)

3. 茶葉を入れた急須に2のお湯を注ぎます。

4. 1分ぐらいおいてから茶碗に注ぎます。(急須にお湯を一滴も残さないように)

 ※2人以上の場合は濃淡のないよう、少しずつ等分に注ぎ分けるようにしてください。


本記事は、全国茶商工業協同組合連合会の許可を得て、「お茶の効能(ききめ)」を参考に記載しています。